黄金の羽根
黄金の羽根
黄金の羽根 初めての方へ
初めての方へ
【黄金の羽根】を見つける意味
山口佐貴子プロフィール
山口佐貴子エピソード
黄金の羽根とは
【黄金の羽根】とは?
ワークショップの内容
4つのこだわり
【黄金の羽根】で見つけられること
Q&A
黄金の羽根 お申し込み
スケジュール&地図
お申込から受講まで
Q&A
体験談
講座の感想
special voice
お問い合わせ
会社概要
お問い合わせフォーム
特定商取引法表記
プライバシーポリシー
リンク

黄金の羽根ナビゲーター
育成の経緯
黄金の羽根ナビゲーター紹介


山口佐貴子プロフィール

 
一番大切なものを、大切にできない自分に気がついた瞬間
私達には、年頃の娘がいます。娘が未だお腹にいる妊娠5ヶ月のある日、会社を2つ経営していた主人は、私に会社を1つ渡すと言いました。(私が暇をもて遊んでいたように見えたのかもしれません・・・)私は、お腹に赤ちゃんがいるにも関らず何の迷いもなく、ありがたく社長になり、会社を経営し始めたのです。

私の実家は、自営業で家庭と仕事場が一緒だったので、会社を経営しながら、家庭を育んでいくことは当たり前のことで、何の抵抗もありませんでした。
しかし、会社は、まるで命があるように生きていました。「光、水、肥料」を バランスよく与えていかなければ枯れてしまう。 “子育て“に、”会社育て“その責任を同時に担うことになったのが、26歳の時。

会社の仕事に関する全責任が自分にのしかかってくると思うだけで、気持ちがいっぱいいっぱいになりました。自分で言うのもなんですが、結構真面目な性格なので、あっという間に責任感と忙しさで心が余裕をなくし、毎日、つらい気持ちが溢れ出す寸前でした。

仕事の多さに、雇用責任。まだよちよち歩きの社長業に降りかかるトラブル。家に帰れば、初めての子育て。 頭も心も疲弊して、余裕のない日々が続き、昼間保育園に預けている娘に、夜すらも温かく包んであげる余力もなく、コミュニケーションもそこそこに、温かい眼差しで接する余裕も失っている自分。

「あれ?温かい家庭がほしいと心から願って、一生懸命生きてきたはずなのに・・・!?」 主人は自分の会社を軌道に乗せることに全力投球。話す間もなく、とにかく走っている経営者2人。

「あれ?主人とは、経営者2人の前に夫婦のはずなのに・・・・?」 共働きで子育て真っ最中の夫婦なら、そんな事よくあること・・・でも、考えてしまったのは、「私たち、何のために結婚したの?」ということ。

私は、このまま仕事をやり続けるためだけに生きているの?・・・心の中で不安ばかりがどんどん大きくなっていきました。 少しずつ成長する会社。日々の業務とタスクの山に埋もれる私は、大切にしていた心を失いかけていました。

仕事の意欲すらも、削いでしまうのは、 自分の人生で大切にしたいものがわからなくなった瞬間。 大切にしたいものを、自らがないがしろにしていると気付いた瞬間。
それはとても、とても辛い時だったかもしれません。

前のページへ戻るご挨拶TOPへ



【黄金の羽根】TOP会社概要お問い合わせ
山口佐貴子関連HP:
公式HPフォトリーディングフォトリーディングフォトリーディングフォーティーン
〜【黄金の羽根】をたずさえて、あなたの人生の最高の脚本をえがきましょう〜
株式会社 尽力舎
180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-10-1 東ビル5F
電話:0422-76-8211 FAX:0422-76-7911
Copyright © 2012 JINRIKI-SHA All Rights Reserved.